オフィスチェアー入りました〜物の値段について考える〜


今日事務所用の椅子が納品されました。
一気に事務所らしくなりました。

IMG_1571

椅子は体の一部

デスクワークが多い税理士にとって椅子はかなり重要なアイテムだと考えています。
お客様との打ち合わせなどがなければ基本的に椅子に座っており、長いときは15時間くらい座ることになります。(こんなに座りたくありませんが・・・笑)

長時間自分の体を支えてくれる椅子は大事です。

お尻が痛くなったり、腰が痛くなったり、背中が痛くなったりしては業務に支障が出ますし、ストレスも溜まります。
肘を置いた感覚も大事です。
少しでも座り仕事の負担を少なくするために少し高価な椅子を買いました。

この椅子は12年保証が付いています。
少なくとも12年は使い続けたいと思います。

今36歳ですから、12年後は48歳、次の12年後は60歳、そのまた次は72歳・・・。
何歳まで現役で税理士をできるかわかりませんが、同じような椅子を買うとしてもあと2、3回しか買えません。

そう考えると多少高価な椅子でも、日々の負担を少しでも軽減してくれるのであれば早い段階に購入すべきだと思います。

それにしても12年が2回で60歳ですか・・・。
人生って短いですね(笑)。

物の値段について日々考えていること

道具については高い、使いやすい、丈夫で長く使える、地味で飽きない、ストレスがないといった基準で選ぶようにしています。

極力やらないようにしていることは安いから買うということ。
セールワゴンに入っているものを買ってよかった経験がほとんどありません。

使ってみなければ良いものなのかどうかわかりませんが、やはり高いものの方が買ってよかったと思えることが多くあります。

もちろん自分のお財布の中身と相談してですが(笑)。

高いものを買うというのは、その値段には理由があるからです。
ブランド名だけで高くて良くないものもありますが、物の善し悪しを判断する材料として高いという考え方はありだと思います。

「良い物だから高い=高いものだから良い」とは言い切れませんが、
高いもので長年売れているものは良いものである確率は高くなります。

道具についての判断基準はサービスについても同様です。
税理士が提供するサービスも同じです。

私の報酬設定は安い方ではないと思います。
価格に見合う価値を提供しようと努力しています。
プレッシャーもかかります。

私もお客様から「高い、使いやすい、丈夫で長く使える、地味で飽きない、ストレスがない」といったことを思われたいです。
地味ではありませんが(笑)。


〜 なんてことない日々 〜

お客様から子供を乗せる用の自転車をいただいてしまいました。
前と後ろにガッツリ二人乗せられるタイプです。
子供を乗せる用の自転車は持っていなかったのでありがたいです。

いただいた帰りに乗って帰りましたが、社長に「似合うよ!」と言われ微妙な気持ちになりました(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする