税理士試験の受験生が年々減少。その原因は・・・


今日から3日間、税理士試験です。
年々受験生が減少しています。

税理士試験の受験者数の推移

税理士試験の受験生は年々減少しています。

平成24年度 4万8千人
平成25年度 4万5千人
平成26年度 4万1千人
平成27年度 3万8千人

この4年間で1万人も減少しています。
今年も更に減ります。

受験者数減少の原因

受験者数減少の大きな原因は税理士という資格・職業に魅力が無くなったからだと思います。
単純に若い世代の人口が減っていることもありますがそれだけではないでしょう。
ITの発達により税理士業界は大きく変わりました。
価格競争が激しくなり昔のように稼げる業界ではなくなっています。(やり方次第だと思いますが。)

その上資格を取るにの長い期間が必要です。
長い期間をかけても取得できない可能性もあります。

リスクを覚悟でチャレンジする人が減るのも当然かもしれません。

税理士の現実は・・・

税理士は稼げない、将来性がないと思っている方も多いかもしれませんが、実際はそんなことはありません。
やり方次第で稼げますし将来性もある業界だと考えています。

従来のような記帳代行メインの仕事は減ってくるので、その分経営に関与する時間ができます。
ありがたいことに税理士という資格には信頼性があります。
資格のないコンサルタントよりも税理士の意見を重視してくれる場合が多くあります。
その利点を活かし経営に深く関わっていくことができます。

反対に記帳代行に時間がかからなくなった分時間をかけず、報酬を下げて顧客を広げていく方法もあります。

経営に深く関わるのであれば一人もしくは少数精鋭の事務所、低価格で時間をかけず顧客を広げてくのであれば大規模事務所というのが定石になってくるのではないでしょうか。

まとめ

今日から3日間税理士試験です。
毎年税理士試験の日はもの凄い暑さのような気がします。

税理士試験の受験者数が減っているのが気になります。
私にとってはやりがいのある魅力的な資格です。
チャレンジしたことに悔いはありません。

今日の試験を受けた方、お疲れ様でした。
明日、明後日の試験を受ける方、頑張って下さい。

〜 なんてことのない日々 〜

木場公園をジョギングしているとスマホを持ってウロウロしている大人がたくさんいます。
みなさんポケモンGOをやっているようです。

私はジョギング中に大きなネズミ2匹と遭遇し、リアルなモンスターを見つけました(笑)