エアレジの顧客管理・予約管理


iPadを使ったレジ、エアレジを使ってみています。
顧客管理・予約管理についてまとめてみます。

エアレジの顧客管理と予約管理

顧客管理

顧客登録の画面で情報を入力します。

IMG_0029

生年月日や住所、メールアドレスなどの情報が得られれば入力します。
簡単なメモを付けることもできます。

予約管理

エアレジのスタート画面にはテーブル番号と予約台帳が配置されています。
予約が入った場合に予約台帳に入力します。

IMG_0030

日時や人数などを入力。
会員であれば登録されている情報を簡単に呼び出すことができます。

IMG_0031
登録するとその時間帯のそのテーブルに予約が表示されます。

IMG_0032

予約でなく直接来店の場合もこの表に入れることができます。
”今5番テーブルにいるのが田中さんで、ワインが好き”
といったような情報をスタッフが共有することができます。

エアレジはリクルートが運営しているのでHot Pepperグルメのサイトからの予約は自動的に予約表に反映されます。

顧客情報取得の流れ

顧客管理をするためにはお客様から必要な情報を取得する必要があります。

通常は個人情報はあまり教えたくないものです。
何かメリットがなければ教えてくれません。

方法はいくつもありますが、来店時にお客様情報記入シートなどを手渡しして、記入していただいたお客様には大きな割引特典をつけるといった方法は効果的です。

再来店の必要もなく、その場で情報を取得することができます。

情報をくれたお客様にはメンバーズカードを渡し、次回以降も何らかの特典を受けられるようにします。

お客様にメリットを感じていただくことが大切です。

顧客管理をするメリット

顧客管理をすることで得られるメリットを考えてみます。

・お客様の名前を呼ぶことができる
・好きな食べ物、飲み物、話題などをスタッフが共有することで接客の質が上がる
・以前のオーダー履歴から事前に傾向を把握することができる
・どの程度の頻度で来店してくれるお客様なのかを把握することができる
・メンバーズカードを管理することでお得感を感じてもらえるサービスを付けることができる

簡単に思いつくだけでもたくさんのメリットがあります。

お客様に一斉にDMを送ることができるのもメリットなのですが、エアレジではやりにくそうです。

私が調べた限りではエアレジは顧客データをcsvで吐き出すことができないようです。
逆にcsvデータを読み込むことはできるのですが。
顧客情報をエクセルで管理すれば一斉に読み込むことができます。

クラウドPOSレジの中には顧客情報をcsvで吐き出すことができるものもあります。

csvで管理できれば宛名シールを自動で印刷し、一斉にDMを送ることができます。
誕生日カードや再来店を促すDMを送ることができるようになります。

まとめ

クラウドPOSレジを使うことで顧客管理が楽にできます。

エアレジはデータをcsvで吐き出すことができないのが残念です。
無料で使えるアプリなので仕方がない部分もあります。
今後改善される可能性は十分あります。

今のところDMを送ることを考えるとエアレジとは別に、エクセルで管理する必要があります。
名前、住所、生年月日だけ管理すれば送ることができます。

顧客管理に重点を置くのであれば他のクラウドPOSレジの方が優れています。

必要最低限の機能で顧客管理・予約管理をするならエアレジは使えます。


〜 なんてことのない日々 〜

今日は毎年恒例の中学高校のサッカー部の仲間と忘年会です。
大学の麻雀仲間も一人います(笑)
数年前までは毎月フットサルをしていましたが、最近はめっきりやっていません。

年に2回ほど飲み会をやるだけになっています・・・。

年に2回しか会えない貴重な仲間との時間。
楽しみです(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする