会社に存在する5つの利益。図で見るとシンプルでわかりやすい


決算書や試算表に表示されている利益は5種類あります。
中でも大切なのは粗利益と経常利益です。

利益の種類

利益には5つの種類があります。
・売上総利益(粗利益)
・営業利益
・経常利益
・税引前当期純利益
・当期純利益

図で考えるとわかりやすい

5つの利益は図で見るとわかりやすくなります。

売上から段階的に何かを引いたり足したりしていったものがそれぞれの利益です。
順番に見ていくと次のようになります。

スクリーンショット 2016-08-07 11.05.50

スクリーンショット 2016-08-07 11.07.42

スクリーンショット 2016-08-07 11.12.07

スクリーンショット 2016-08-07 11.38.40

スクリーンショット 2016-08-07 11.39.53

スクリーンショット 2016-08-07 11.42.28

重要なのは粗利益と経常利益

5つの中で重要なのは売上高総利益と経常利益です。

売上高総利益は粗利益とも呼ばれ、最初に出てくる利益です。
売上と粗利益の関係はとても大切で、粗利益は額と率の両方を管理していく必要があります。

経常利益は特別な収益・費用、法人税等を入れる前の利益です。
会社が通常に営業していて稼ぎ出した利益なので、会社の実力を測ることができます。

私は普段の利益チェックにはこの図を使います。
上の図を簡略化したものです。

スクリーンショット 2016-08-08 0.41.56

経常利益までを見てバランスを確認します。

スクリーンショット 2016-08-08 0.45.05

細かいことは気にせずに粗利益と経常利益の差額を諸経費にまとめます。
ざっくりと図で見ることで全体の構造が把握しやすくなります。

粗利益率と額、経常利益率と額に注意し数字を管理していきます。
適正額は業種や会社ごとにことなるので自社の実績から目標値を設定するとよいでしょう。

まとめ

会社には複数の利益が存在しわかりづらいものですが、注目すべきは粗利益と経常利益です。
図にすると視覚から入ってきてわかりやすいのでオススメです。


〜 なんてことのない日々 〜

今日は友人のお墓参りに行ってきました。
友人のおかげで毎年この時期仲間に会うことができます。
感謝します。