クラウドPOSレジは経営の強い味方


最近街で見かけるiPadを使ったレジ。
コストを抑えて高機能なデータ管理をしています。

iPadを使ったレジ

代表的なものにエアレジ、スマレジ、ユビレジなどがあります。
クラウドを使ったPOSレジです。

POSとは”Point Of Sales”の略で、商品の販売情報を記録して集計結果をマーケティングや在庫管理などに役立てるシステムを指します。これらの機能が搭載されているレジスターをPOSレジと呼びます。

大手が使っている高性能なPOSレジは非常に高価なものです。
資金に余裕のない中小規模のお店には手が出ません。

そこで注目を集めているのがクラウドPOSレジです。
iPadなどのタブレットにアプリを入れるだけでレジとして使えます。

クラウドPOSレジのメリット

メリットはたくさんありますが、私が感じている代表的なものは次のことです。

【離れたところで売上状況をリアルタイムで確認できる】

お店でクラウドPOSレジに入力されたデータは、他のPCやスマホ、タブレットでリアルタイムに確認することができます。
複数の店舗を経営されていてお店にいない経営者にとっては貴重な情報です。

【商品ごとの売上データが蓄積される】

商品ごとの売上データが蓄積されるので、何が売れているのか、売れ筋商品の傾向をリアルタイムで確認することができます。
傾向を分析することで対策を打つことができます。
売れない商品の仕入れを減らすなどの在庫管理もできます。

【売上データが会計ソフトに自動的に連動する】

アプリによっては、クラウド型の会計ソフトに自動的に連動することができます。
1日の営業が終わったら自動的に会計ソフトにデータがアップされるイメージです。

多店舗経営している場合は、複数の店舗の情報を瞬時にデータ化するのは難しく、このようなサービスを使うことによって素早く現状把握することができます。

【顧客管理ができる】

顧客管理ができるものもあります。
来店したお客様の情報をデータ管理することにより質の高いサービスを提供できます。
飲食店であれば、このお客様は辛いものが苦手、お酒は辛口の日本酒などの情報があると違います。

これらの他にもコスト削減やレジ周りの省スペース化、予約管理、客席管理、他のサービスと連携することで販売促進につながるなどたくさんのメリットがあります。

導入コスト

クラウドPOSレジの月額利用料はメーカーにより異なりますが、代表的なところでは0円〜1万円程度となっています。

試しに使ってみようという方は、リクルートが運営しているAirレジが0円です。

レジ用のiPadを購入するとなると、iPad Airが税込みで4万6千円ほど。
レシートプリンター、ドロアー(iPadと連動してお金が開く引き出し)、iPadスタンドなどがセットで6万円ほど。
(ものにより値段は変わります)
導入に10万円ちょっとかかるイメージです。

飲食店や小売店、美容院など、売上管理、商品管理、顧客管理などが有効な業種をこれから新規でオープンする方は迷わず導入すべきでしょう。

すでに一般的なレジを使っている方も導入を検討する価値は十分あります。

まとめ

クラウドは生活や仕事をガラッと変える力を持っています。
クラウド化の波は日に日に大きくなっているように感じます。

まずはクラウドに触れることが大切です。

今のままでもやっていけてるから大丈夫・・・
ではなく
新しいものを試すことが新しい未来につながるのだと思います。


〜 なんてことのない日々 〜

最近甘いものを食べる機会が多く、食べ過ぎてしまっています。
甘くなくてもご飯が美味しくて食べ過ぎています(笑)

食べ過ぎ+運動不足+忘年会シーズン=太る

毎年年末はこの方程式にはまります(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする