歳をとると欲するものが変わる


歳を重ねるに連れ欲するものが変わってきました。
代表的なものとして”甘いもの”があります。

IMG_1073

歳をとり甘いものを欲するようになった

今年で36歳になりました。
もう36歳か!という感覚です。
20代後半から今までが本当にあっという間だった気がします。
あっという間すぎて自分が36歳になっていることを忘れてしまいそうになります(笑)。
時の経過を意識できてないのはダメですね。

年齢を重ね、欲するものが変化しています。
代表的なものが甘いものです。

私は子供の頃から甘いものがそれほど好きではありませんでした。
小学生くらいまではあんこ系のものは好んで食べていたと思いますが、中学以降はそれほど甘いものを好んで食べた記憶はありません。
大学生になりお酒を飲むようになってからはなおさら甘いものを口にする機会は減りました。

それが30歳を過ぎたあたりから甘いものを欲するようになってきている気がします。

仕事で疲れた時のブラックコーヒーとチョコは最高です。
ランチ後に甘いものを口にすると午後も頑張ろう!という気持ちになります(笑)。
お風呂上がりのアイスもたまりません。

以前の私では考えられないことです。
タバコをやめた、お酒を飲む量が減ったということも関係しているのかもしれません。

ささやかな楽しみ程度に抑える

適度に甘いものを摂取することは良いことだと思いますが、とり過ぎには気を付けたいものです。
病気だけは本当に怖いです。

毎日食べて良い適量を意識する必要があると思います。
昼間チョコを食べたら夜はアイスを食べないなど。

うまく甘いものを食べて心と体をリラックスさせたいと思います。


〜 なんてことない日々 〜

今日は赤ちゃんの検診でした。
妊娠36週で2300グラム。
順調に育っているようです。
8月中に生まれるかもしれません。

事務所の所長の赤ちゃんも昨日生まれました。
新しい命の誕生は嬉しいことですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする