会社にとって一番の保険はお金を持つこと。借入金の利息は保険料のようなもの


潰れない強い会社を作るにはお金が必要です。
お金を持っていれば業績が悪化しても立て直せる可能性があります。
自己資金や利益だけでお金を十分に保有するのは難しいので上手に借入を利用すべきだと考えています。

借入金の利息は保険料

今お金に困っていなくても借入をする価値はあります。
利息がもったいないから無駄な借入はしたくないと考えるのが一般的だとおもいますが、利息を保険料と考えると少しイメージが変わります。

確実に会社を守ってくれるのはお金です。
お金があれば不測の事態が起きても立て直すまでの時間を確保できます。
いくら保険に加入しても会社が困った時に役立つかは不明確です。

売上高3ヶ月分の現金保有を目指す

どの程度のお金を持っていれば安全なのか。
1ヶ月のサイクルでみて大きな支払いをした後の一番お金が少ないタイミングの残高です。
会社ごとに状況は異なるので一概には言えませんが、一つの目安にしているのは売上高の3ヶ月分です。
売上高が増えれば動かすお金も増えていき、それに伴いリスクも増えていきます。

会社によっては見当違いの金額になるかもしれません。
その場合は会社で独自に目標額を設定すればいい話です。

3ヶ月分のハードルが高すぎる場合はまず1ヶ月分を目指し、長期計画で3ヶ月分を目指していきます。

金融機関は取引実績を重視する

借入をして金融機関とのお付き合いを続けていくのも大切なことです。
金融機関は儲かっている会社よりも確実に返してくれる会社に貸したいものです。
新規の取引は怖いのは当然です。
過去に貸して返済実績がある会社には再度貸してくれます。

困ってから借りに行くのではなく、好調なときこそ取引実績を作っておくことをお勧めします。

借入金の同額以上の現金保有を目指す

借入をしたら借入以上の現金を保有することを目指します。
お金に余裕があるからといって経費をバンバン使ってしまってはいけません。
お金を会社に貯めていくことが大切です。

過去のブログでも書いていますが、経営の神様、松下幸之助さんは「ダム式経営」を説いていました。
資金・人材・技術のダムをつくり、余裕のある経営をしていこうというものです。

お金をダムに貯めておけば災害が起きても会社は潰れにくくなります。

利益を出し続ける覚悟が必要

借入金の返済をしながら会社のお金を増やしていくのは大変です。
なぜなら借入金の元本返済は経費にはならないからです。
利益を出し、税金を払った後のお金で返済していかなければならないのです。

利益を出し納税する覚悟がなければ会社にお金は残らず苦しい経営が続いてしまいます。

特に役員報酬の設定には注意が必要です。

まとめ

強い会社を作るにはお金が必要です。
借入をすることは悪ではなく、会社を守ることにつながります。
利息は保険料のようなもの。
利率はあまり気にせず複数の金融機関と取引実績を作っていくことが大切です。


〜 なんてことのない日々 〜

先日人生3回目のゴルフに行ってきました。
密かに練習していたので少しはマシになっているかと思いきや137というスコア・・・。
ゴルフは難しいですね(笑)

次回は春になってからでしょうか。
来年は110ぐらいで回れるよう練習していきます(笑)

〜おまけ〜

img_8271

img_7942

子供はどこでも寝ますね(笑)


なんてことのない日々はTwitterでもつぶやいています。
見てもらえると嬉しいです。
西野伸太郎のTwitter