経営を成功させるためには運も必要、麻雀で運を鍛える


経営を成功させるには運の要素も必要です。
運は自力ではどうしようもないと思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。

不運なときに我慢できるか、幸運なときに流れに乗れるか

運は誰にでも巡ってきます。
平等に巡ってくるのかはわかりませんが必ず巡ってきます。

よく運を呼び寄せるなどと言われますが、これは巡ってきている運に気がつくことだと思います。

気がつかなければ幸運がきていることもわかりません。

運の流れを感じて不運な時はじっと耐え忍び、幸運なときに一気に流れに乗れれば経営にも良い影響がでます。

多くの経営者は運とかツキの存在を大切にしています。

麻雀で状況判断力と直感力を鍛える

突然麻雀の話になります(笑)
運を鍛える方法に麻雀はもってこいだと思ったからです。

よく麻雀は経営と似ていると言われます。
経営者で麻雀が強い方も多いです。

麻雀というゲームは神様が作ったのではないかと思うほどすごいゲームです(笑)

実力者の勝率が高いことは確かですが、実力者が負けることもあります。
運を掴んだものが勝ちます。

ゲームの流れの中で状況判断をし、直感によって自分の手を進めていきます。

与えらる手は平等ではありません。
初めからアガリに近い手もあれば、アガリにはほど遠い手もあります。

自分に非はなくとも事故のように相手に振り込むこともあります。
自分の力ではどうしようもなく負けることもあります。

これらは経営と通じる部分でもあります。

麻雀が強くなれば経営者に向いているのか

経営者には運を掴む力以外の資質も求められますので麻雀が強いからといって経営者に向いているとは言えません(笑)

ただ麻雀で運を鍛えることは可能だと思います。

運を鍛えるとは、運の流れに気がついて耐えたり乗ったりする力を鍛えるということ。
運の流れを掴む力を鍛えるということ。

麻雀はスピードのケームです。
一瞬で判断して捨て牌を決めなければなりません。

状況判断力、直感力を鍛えるには適していると思います。

まとめ

経営には運の要素も欠かせません。

運の流れを掴み、幸運の流れに乗ることで成功できます。

麻雀は運の流れを掴むゲームです。
麻雀で運を鍛えるのも面白いと思います。

経営者は忙しく麻雀をしている暇がないと言われそうですが(笑)


〜 なんてことのない日々 〜

大学生の頃は毎日麻雀をしていました(笑)
社会人になっても年に1、2回はやっていましたが、子供が生まれてからは全くやっていません。

最近麻雀を打ちたい願望が復活してきています(笑)

1日フリーな日が与えられるとしたら何がしたいですか?と聞かれたら
「麻雀打ちたいです」
と即答します(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする