クラウドサービスの導入、Gメールを作成すればこちらで設定ができる


クラウドサービスを利用するにはメールアドレスが必要な場合が多くあります。
Gメールアドレスを作成してしまえばこちらで導入・設定をすることができます。

Gメールは誰でも無料で簡単に作れる

GメールはGoogleが提供するフリーメールサービスです。
登録すれば誰でも無料で簡単にアカウントを作成することができます。
とても便利なものです。

一人が複数のアカウントを作成することも可能です。

お客様などの相手にクラウドサービスを利用していただきたい場合、こちらでGメールアカウントを作ってクラウドサービスの登録までしてしまえば案内しやすくなります。

Gメールのパスワードは仮で設定しておき、一連の設定が終わった後お客様側でパスワードを変更してもらえばセキュリティー的には問題ありません。
クラウドサービスのパスワードも同様に変更していただきます。

こちらでクラウドの設定をすることができる

飲食店を7店舗経営するお客様にチャットワークとDropboxを導入していただきました。
多店舗をまとめるのにこの二つのクラウドサービスは強力なアイテムです。

時間をかけずに一斉に導入する必要があったため、こちらで全ての店舗のGメールアカウントを作成し、チャットワークとDropboxの登録を行いました。

チャットワーク内でのコンタクトを取れる相手の設定やグループの設定も同時にできます。
Dropboxの共有フォルダの設定も同時にできます。

あとは各店舗のパソコンにチャットワークとDropboxをインストールしてもらうだけで即使うことができます。

Gメールアカウントを作成したことでGoogleカレンダーを全店共有で使うこともできます。
全店のスケジュールを一括管理することができるのでこちらも強力なアイテムです。

ITを使った効率化を体験していただく

クラウドサービスを使うことで業務は必ず効率化します。
経営のスピードが自転車からスポーツカーぐらい変わります(笑)

口で言ってもなかなか伝わらないので、まずは使っていただくのが一番です。
使いながら効果が実感できれば会社全体の風向きが変わります。
ITを積極的に取り入れていく体制を作ることができます。

税理士の仕事は税金の計算だけではありません。
経営者を助け、経営全般のサポートをすることも大切な仕事です。

価値あるサービスは積極的に試して提案していきます。


〜 なんてことのない日々 〜

今日はお客様と打ち合わせでした。
私がiPadを買うきっかけをくれた社長です。

今までは紙をみながらでしたが、今日はお互いにiPadを見ながらの打ち合わせです(笑)

会社の現状を分析した資料をいつでも持ち歩いていただけるというのは価値があります。
紙の資料は見返されることはほとんどないと思いますが、データで持ち歩いていれば気になった時に気軽に見返すことがきます。

新鮮で楽しい打ち合わせでした(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする