毎日経理をする習慣をつける


自分で事業をすると売上や経費の管理が必要になります。
面倒なことですが毎日する習慣をつけようと思います。

毎日経理の必要性

領収書を貼りつけたり現金出納帳に記帳したり会計ソフトやエクセルに入力するのは手間がかかります。面倒なのでついつい後回しにしてしまいます。

溜めてから後で処理するのも大変さは変わりません。支払った内容や事業に必要なものだったか等の記憶も薄れていきます。
毎日コツコツと処理していくのが理想的です。

私の場合はまだ開業準備中ですが、必要経費は発生しています。登録に係る費用だったり備品を買ったり。今はエクセルに仕訳の形で入力しています。まだ会計ソフトは買っていませんが、エクセルに入れておけば会計ソフトに取り込むことができます。

領収書は入力が終わればA4のコピー用紙に下から貼りつけています。下から貼っていくと重ねて貼るのが楽です。後から探せれば問題ないので結構重ねています。

何かを買ったら翌日までにエクセルに入力して、入力したら貼りつけて保管という流れにしています。決まった流れを作るのが大事です。

お金の残高を意識する

今までは自分の銀行にいくら入っていてお財布にいくら入っているのかをほとんど意識していませんでした。サラリーマンであればそれで良かったのですが、自分で事業をやるからにはそうはいきません。

自分がいくら持っているのか、お金の残高を把握していかなければなりません。

毎日経理をすることで手持ちの現金、カード利用、電子マネー、通帳の残高等を把握することができます。

翌月の頭には経営分析ができる

毎日経理をすることですぐにその月の試算表が出来上がります。月末で締めて、翌月の頭には経営分析ができ、改善点が見えてきます。

事業の損益の把握はスピードが大事です。

自分が実践し、効率のよい毎日経理の方法を見つけてお客様にも伝えられるようにしていきます。


〜 なんてことない日々 〜

保冷剤をタオルに入れて首に巻いて帽子をかぶってTシャツジーパンで自転車通勤しています。
税理士事務所に出勤する格好ではありません(笑)。

見た目は悪いですが保冷剤入りタオルは効果抜群です。
これがないとこの暑さの中45分間は耐えられません。

事務所に着いたら全身着替えてビシッとスーツ着ています(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする