お金の未来を想像してみた。便利になるがゾッとする


クレジットカード、電子マネー、ポイントなど物理的なお金以外の支払手段は増えてきています。
お金の未来はどうなっていくのでしょうか。

IMG_5878

物理的なお金は無くなっていく

最近はお札や小銭など物理的なお金を使う機会が減ってきました。
多くの場所でクレジットカードや電子マネー(以下総称して電子マネーといいます。)で支払ができてしまいます。
今後も使える場所は増えていき物理的な現金を使う機会はますます減っていくでしょう。

私はレジで小銭を探すのが嫌なので極力電子マネーを使います。
使えない場所では千円札などで払って小銭はあまり使いません。
小銭は貯まったら銀行に預けてしまいます。

世の中の流れは物理的なお金を使わない方向に進んでいます。

お金を受け取る側は手数料が引かれ、手取りは減ってしまいますがお金の管理は楽になります。
電子データは全て自動で読み込める時代になってきているので、業務の効率化につながります。

支払う側も受け取る側もメリットがあるのであれば、必然的にお金は電子化の方向に進んでいきます。
未来のお金は全て電子マネーになる可能性もあります。

電子データは全て管理される

家計簿アプリやクラウド会計ソフトで有名なマネーフォワード。
マネーフォワードの技術を使えばほとんどの電子データは自動で一箇所に集計され管理できてしまします。

私の中では“お金管理の革命”です。

大変便利である反面、全てを管理される恐怖を感じます。

電子マネーの情報を一括管理できるわけですから、妻に内緒で遊びに行くなんてことができなくなります(笑)

マイナンバーで管理され、財産の状況を全て国に管理されることにもなります。

隙のないギスギスした社会になるような想像をしてしまいます。

大きな流れには逆らえない

物理的なお金が電子マネーに変わる未来は確実にやってくるでしょう。
望む、望まないに関わらず進みだしてしまった流れは止めることはできません。
企業が効率や生産性を求めれば必然的に電子化されます。

今は物理的なお金から電子マネーへ移行する過渡期と考えれます。
電子マネーに関する経理業務は劇的に変わっており、マネーフォワードやfreeeなどのクラウド会計ソフトを使えば電子データを自動的に会計ソフトに読み込むことができます。
より速く、正確に、簡単に処理できるのですから今後も広がり続けます。

私は手書きで帳簿や申告書を作っていた時代を知らないので手書きが信じられませんが、もう少し未来の人は会計を手入力していたことが信じられないと思うのでしょう(笑)

まとめ

お金の未来は電子マネーであり便利になりますが、味気のないもののような気がしています。
もっと考えればお金自体の概念が無くなり、個人個人にポイントのデータが埋め込まれ、活動によってポイントが増えたり減ったりするような未来が待っている可能性もあります。ただの私の空想ですが(笑)

便利になる流れは結構ですが、どこかで人間味を残しておかないとつまらない社会になってしまいそうです。


〜 なんてことのない日々 〜

今日はマネーフォワードの方と打合せ。
お話を聞きながらお金の未来を想像していました。

税理士の仕事が無くなるという声もありますが、私は変化を楽しんでいます。
お金管理革命のど真ん中にいられるなんて幸せなことだと思っています(笑)

お金の管理が劇的に楽になったあと、どのようなサービスに価値があるのか。
顧客の満足はどこにあるのか。
日々考え続けています。