会社のお金を増やす方法


会社にとってお金は大事です。
人間にとっての血液のようなものです。

会社のお金を増やす方法

会社のお金を増やす方法は基本的に3つしかありません。

1 利益を出す
2 増資をする
3 借入をする

とてもシンプルです。
利益を出してもお金が減ることもありますが、赤字なのにお金が増えることはほとんどありません。お金を増やすためには利益を出すのが原則です。

増資をするというのは資本金を増やすということです。社長や第三者などから資金を調達して資本金を増やすと会社のお金は増えます。

借入は基本的に金融機関からします。設備投資や運転資金のためにお金を借りると会社のお金は増えます。社長から借りることもあります。

自分のお金と他人のお金

お金を増やす3つの方法のうち会社にとって自分のお金は1と2です。自分のお金とは返す必要のないものです。3の借入は返す必要があるので他人のお金です。

経営を安定させるためには自分のお金を増やさなければなりません。

よく自己資本比率が大事と言われますが、自己資本とは1と2の合計です。
全ての資産のうち自己資本がどのくらいあるかを表すのが自己資本比率です。
この比率が高ければ高いほど安定した会社とみられます。

ダム式経営

経営の神様と呼ばれる松下幸之助さんが「ダム式経営」という言葉を残しています。資金・人材・技術等のダムをつくり、余裕のある経営をしていこうというものです。

会社の経営が順調にいっているときにダムをつくりお金を貯め、会社が不調になったときに備えておく必要があります。

そして松下幸之助さんはダム式経営をするためには「まず思うこと」という深い言葉を残しています。

こういう経営がしたいんだと思うことが大事なんですね。会社のあるべき姿、経営理念の大切さを感じます。

私もダム式経営を目指して頑張りたいと思います。


〜 なんてことない日々 〜

最近は自転車通勤で汗をたくさんかいているためか体重62キロ未満をキープしています。
MAXで69キロほどあったので随分軽くなりました。

片道45分の自転車通勤は効きますね。
9月から自宅で仕事をするので一気に体重が増える恐れがあります(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする