食べ物に表示されているカロリーと運動で消費するカロリーの価値は違う


食べ物や飲み物にはカロリーが表示されています。スポーツジムのランニングマシンなどにも消費カロリーが表示されます。

単位は同じでも価値は全く違うと思っています。

IMG_3873

摂取量と消費量が同じでもプラマイゼロではない

消費カロリーの目安は

体重×距離(㎞)と言われます。

体重65kgの私が1㎞走ると65Kcal消費します。

ご飯1膳(140g)235Kcalです。

私が3.6㎞走ると消費カロリーは234Kcalです。

ほぼ同じです。

木場公園をぐるっと回るジョギングコースが3.5㎞です。

私にとってはご飯1膳と木場公園1週がほぼ同じです。

数字は同じですが価値は違います。

スクリーンショット 2016-03-23 22.35.32

1の「3.6㎞走ってご飯1膳おかわりしない」のが1番健康的です。

少しずつ痩せて健康になっていくでしょう。

次に健康的なのは2の「3.6㎞走ってご飯1膳おかわりする」です。

摂取量と消費量が同じでも運動することで得られる効果がたくさんあります。

ご飯おかわりしてしまったから運動が無駄になったと考えてはいけません。

次に健康的なのは3の「走らないご飯1膳おかわりしない」です。

過剰摂取もしていなければ運動もしていません。

最も健康的でないのは4の「走らないご飯1膳おかわりする」です。

太ります(笑)

運動の効果

摂取も運動もしないよりは、摂取して運動した方が遥かに健康的です。

カロリーという数字だけで比較するべきではありません。

運動をするとカロリー消費とともにさまざまな効果が得られます。

・筋肉がつき関節をよく動かすことで怪我をしにくくなる

・筋肉がつき基礎代謝が上がる

・精神的なリフレッシュ効果がある

・ストレッチをすることで怪我をしにくくなり日常生活も楽になる

・・・・

数字には見えない効果が得られます。

これらの効果は蓄積されて、少しずつ健康的な体と精神を作っていきます。

お金の考え方も似ている

お金の考え方も似ています。

100万円の収入があっても100万円使ってしまったから意味がないとは考えません。

収入ゼロで支出もゼロより遥かに意味があります。

100万円の収入を得るために得たスキルがあるはずです。

そのスキルや経験はお金を使ってしまっても蓄積されていきます。

100万円を使った時にも何かを得ているはずです。

次の収入につながる何かであれば投資になります。

お金は貯めるものではなく循環させるものです。

たくさん使ってたくさん入ってくる流れを作れば豊かになれます。

まとめ

摂取するカロリーと消費するカロリーは数字だけでは比較できません。

食べないで運動もしないより、食べて運動する方が健康的です。

何もしないで失敗もしないより、何かをして失敗した方が価値はあります。

食べ物の裏に表示されているカロリーを見て、「1時間分の運動が意味なくなる」というような会話を耳にすることがあります。

そう考えてしまうと運動する気が起きなくなってしまいます。

適度に好きなものを食べて適度に運動するのがいいんでしょうね(笑)

先日買った「みすずのごはん鍋」で炊くご飯が美味しすぎて適度ではなく食べ過ぎています(笑)

〜 なんてことのない日々 〜

東京は3月21日に桜の開花宣言が出ましたね。

木場公園の桜はまだほとんどつぼみです。

IMG_3793

かなり膨らんでもう少しで咲きそうです。

一部の早い木は咲いていました。

IMG_3799

去年の桜の時期は息子がまだ妻のお腹の中でした。

3ヶ月でようやく妻のつわりが治まったころです。

ときの流れの速さと、確実に人生のステージが進行していることを実感します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする