Evernoteを仕事で活用するには年間4,000円のプレミアム会員がオススメ


Evernoteを活用すると業務効率化、ペーパーレス化につながります。
仕事で使うには有料会員になってとことん使った方が効果があります。

スクリーンショット 2016-02-01 2.17.15

Evernoteプレミアム

Evernoteはクラウド上にメモや画像、テキストなどを保存することができるサービスです。
何でもEvernoteに保存してうまく管理すれば第二の脳として活躍してくれます。

無料で使えますが、有料会員になった方がEvernoteを使い倒すことができます。
私は年間4,000円払ってプレミアム会員になっています。

プレミアム会員だけが使える機能で便利なものがあります。

・スキャンしたデータの中の文字まで検索可能

スキャンしたデータの中の文字まで検索してくれます。
手書きの文字を検索することは難しいですが、パソコンなどで印刷した文字であればかなりの精度で検索してくれます。

・PDFファイルに注釈を入れられる

スキャンした書類などをPDFとしてEvernoteに保存すると簡単に注釈を入れることができます。

例えばこのような書類をEvernoteに保存して

スクリーンショット 2016-01-31 22.41.41

わかりやすように注釈をつけると

スクリーンショット 2016-01-31 22.45.42

このように表示できます。
とても簡単な作業なので注釈をつけることが面倒にならず、気になったことをどんどん書き込むことができます。

書き込むことで見返したときにポイントがすぐにわかるようになります。

・日経電子版と連携していて関連する記事が表示される

ノートの内容から自動的に検索して関連する日経電子版などの記事を表示してくれます。
コンテキストという恐ろしい機能です(笑)
膨大な情報の中から瞬時に関連する記事を探してきます。
私は日経電子版の契約もしているのでこの機能を有効活用しています。

逆に日経電子版を見ていても関連するEvernoteが表示されます。

まだ不完全な機能だと思いますが、こういった機能の精度が上がってくると自分の脳を使わない時代が来るのかもしれないと思ってしまいます。

・月間アップロードの容量が10GB

無料版は月間アップロード容量が60MBです。これだと書類を多くスキャンして保存した場合に足りなくなります。
無料とプレミアムの間にプラスというクラスがあり、プラス会員は1GB使えます。
1GBは1000MBです。

主にメモと書類のスキャンで使っていれば1GBで十分足りると思いますが10GBあれば何でも入れられます。

Evernoteの中からノートを見つけるのは”検索”

Evernoteはしっかりとフォルダを作って管理するものではないと思っています。
ノートブックを使って最低限の分類はしていますが、基本的にはごちゃ混ぜというイメージです。

全ては”検索”で引っ張り出してきます。

確認したいことのキーワードを入れれば該当するものが瞬時に出てきます。
タイトルでもノートの中身でもPDFでも該当すれば全て表示されます。

メモする時は後から検索できることを意識しています。

まとめ

人間の記憶には限界があるので必ずどこかに記録を残さなければなりません。

メモをどうするかというのは昔からの大きな課題です。
Evernoteはメモ問題の一つの答えだと思います。

Evernoteはパソコンでもスマホでもタブレットでも使えます。
まずは無料で使えるので気軽に試すことができます。

仕事で本格的に使うにはプレミアム会員になることをオススメします。
Evernoteのすごさを実感できます。


〜 なんてことのない日々 〜

昨日から姪っ子が泊りに来ていたのでドライブに出かけました。
アクアラインを使って千葉の山へ。

IMG_3074

鹿野山という見晴らしの良い山がお気に入りで何度も行っています。
曇っていましたが山々が綺麗でした。

帰りに海ほたるに寄って記念撮影

IMG_3110

姪っ子に撮ってもらいました。
妻は隠れています(笑)

夕方姪っ子は一人電車に乗って国立へ帰って行きました。
子供達と遊んでくれて本当に助かりました。
感謝です。

姪っ子の成長も感じることができた二日間でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする